モットンが効果的な理由とは!?特徴と機能をご紹介!

モットンが効果的な理由とは!?特徴と機能をご紹介!

モットンは腰痛対策マットレスとして有名なマットレスです。

野球界の山本昌さんが愛用していることでも有名です。

モットンは口コミでも話題となりおすすめランキンサイトでも常に上位にいる商品ですが、実際他のマットレスと比べてどのような効果や機能があるのかよくわかりませんよね。

そこで、ここではモットンの

  • 効果
  • 特徴
  • 機能

といった内容をお調べ致しましたので皆様にご紹介致します。

簡単にまとめてありますのでご覧くださいませ。

 


モットンの効果まとめ


 

高反発ウレタンフォームマットレス

モットンの特徴として、素材にNASAで開発された高反発ウレタンフォームが使用されています。

宇宙飛行士が打ち上げの際に体に負担がかからないようにと開発された素材です。

普通のウレタンフォームとしがって体の体重を分散しやすいようになっています。

モットンはその高反発ウレタンフォームを寝具用に改良したものです。

 

硬さが3種類用意されている

どんな人の体にもしっかり対応し、効果を発揮するマットレスというのは世の中には存在していないようです。

しかしモットンはどんな人の体にも合うようにと、体重別でモットンの硬さを3種類用意しています。

そうすることで、モットンの硬さが1種類よりも、もっと幅広い人に効果を発揮し、価値を提供しようとしているようです。

これは他のマットレスではあまり見ない売り方なので、モットンの親切心を感じます。

 

耐久性抜群のマットレス

モットンは国が定める品質基準JISの試験に合格しています。

その試験は割とどこでもやっていて、商品化するなら必ずやっておくべき試験とも言えます。

しかしモットンがすごいのはその結果内容です。

モットンを押して離す作業を8万回繰り返しても4%しか変化しないとのことです。

これは時間に置き換えると11年しようしても4%しか変化しないとのこと。

4%というのは、モットンの厚みは100ミリなので11年使っても4ミリしか変化しないということです。

 

寝返りが楽になる

腰痛の原因としては寝返りを打つ回数が少ないことにあるようです。

仰向けの状態で寝ると、腰は体の中心に位置しており、体の4割の重さを負担していると言われています。

腰の上には内臓などの重さも加わるので、常に腰が圧迫されている状態。

その状態が続くことで腰の血管が圧迫され酸欠状態に。

最終的には炎症が起きて腰痛へと変化するとのことです。

それを防ぐために健康な人で20回以上は一晩に寝返りを打つそうです。

モットンは寝返りがしやすいように高反発マットレスで作られており、普通の人が100%の力で寝返りを売っていたのが60%の力で寝返りができるようになるとのことです。

これであれば、高齢者や力の弱い女性でも簡単に寝返りの回数を増やすことができそうですよね。

 

床に直接敷くことが可能

モットンは床に直接しくことができます。

普通の高反発ウレタンマットレスや、それ以外のマットレスの場合、通気性が悪くて床に直接敷くとカビやダニがすぐに発生してしまいます。

しかし、モットンはメーカー独自開発で上から下に通気が通るように開発しているとのことで、床に敷いても通気を確保することができるようです。

赤ちゃんを寝かせる場合は畳の上を避ける必要があるようです。

赤ちゃんのうちから畳で寝かせると鼻炎アレルギーになる恐れがあるので、紙製の畳やプラスチック製の畳の上に寝かせるなど、避ける必要があるようです。

 

ホコリを出さず、ダニを寄せ付けない

モットンのウレタンフォームはホコリを出さない素材です。

そして、羽毛などのマットレスは人間の垢や皮脂がたまりやすいですが、モットンのマットレスはウレタンフォームで作られているので、羽毛と比べて汚れが溜まりにくいです。

そのため、ダニの大好物である皮脂や垢が少ないのでダニを寄せ付ける心配も少なくなります。

動物などのペットと一緒になる際も、ダニの発生を防ぐことができるのでおすすめです。

 

tora

コメントは受け付けていません。