保育士の求人実態と給与等について!

これから保育士を目指すという人のために保育士の仕事と求人の実態、給与等について説明して行きます。


一昔前は保母さんと言われたのですが、男女雇用機会均等法の制定により男女差別を無くす側面や男性がこの職業で求人や採用例が出てきたことから、保母という呼び名から保育士となりました。

この職業は女性が多い職場であり、女性として活躍できる職業でもあります。

全国で待機児童が多い問題はニュースでも伝えられており、データ上では保育士不足であると言われていますが、人口の集中した都市部では確かに不足しているのでしょうが、地方では採用が少ないということも実際問題としてあります。

今話題の掲示板のことならこちらのサイトが便利です。

そのため地方では、不足どころか過剰であるというねじれも生じています。

保育の求人の有益情報にあふれているサイトです。

また、保育士は子供という人の生命を預かる保育園での職業であり、精神的な負担が大きく、重労働であるのですが、意外に給与が低いのが問題で、女性の離職率の高い職業として看護師と同様な割合で毎年多くの離職者を出しています。このことによる中途採用の求人も多いです。

給与の全国平均価格は21万円であり、基本給+諸手当を含んで、所得税と健康保険料、厚生年金負担などが引かれると、手取り収入が18万円から15万円という人が多いでしょう。

保育園は自治体の行政主導で運営が行なわれますので、公務員のように安定した収入が得られる職業です。



また、現場での制服は支給されるもので、私服に費やす費用が抑えられるでしょう。