転職活動をして保育士になるには

最近何らかの事情で前職を辞めた人が、次の転職先として保育園等を考えているパターンが多く見られます。保育園等で保育士として働くには、経験者の場合と未経験者の場合とで異なった応募の仕方が必要です。

まず経験者の場合は比較的その経験を買ってもらえる保育園等を見つけることは容易であると言えるでしょう。

多くの場合はスムーズに転職活動が進むことが多いと言えます。



それでは未経験者の場合はどうなのでしょうか。

保育士として働いたことのない未経験者は、大きく分けて2種類の人間がいます。

一つは保育士資格を持っている未経験者で、もう一つは保育士資格を持っていない未経験者です。



資格を持っている未経験者の場合、多くの場合は経験者と同じように比較的転職活動はスムーズに進むでしょう。


何故なら子供を預かる保育園等ではまだまだ人材不足の所が多く、経験が無くても資格さってある程度適性がありそうな人ならば採用してしまおうと思っている所が多いからです。

それでは資格を持っていない未経験者の場合はどうなのでしょうか。



そのような人の場合でも、これから資格を取得する意欲を面接の場で見せたり、資格はなくとも子供が好きで子育て等の経験があることをアピールしたり、または資格はなくとも保育に関する知識を専門書等を読んで仕入れた等とアピールすれば、多くの場合は無事に採用される可能性が高いと言えるでしょう。


未経験者も経験者も一番大切なのは保育に対する熱意とやる気なのです。